乾いた俺の生活に、一服の潤いを…                    .
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
STAR FESTIVAL
夏は実にイベントが多い。

夏休みプール・七夕・前期試験&レポート・海・盆踊り・花火大会…様々なモノある。


暑いとは言いながら祭り漢である俺は、心が躍る時期だ。

ただ、今年は通常の年とは違い人生がかかっている。

任務が達成できないときは切腹である。



まぁ、任務はさておき、つい先日から地元では、日本三大七夕の1つが開催された。

昔は日本一だったのだが、今ではそこに収益を求めるあまり

それ以外は商店街も寂れつつある…哀しいものだ。


そんな事を考えながら、地元の祭りに参加してきた。

週末ではないので、仕事の人もいるのだろう、思ったよりも人は少なかった。

…とはいえ、商店街を埋め尽くす程の人がいたのは事実。



七夕だけではないが、祭りといえば屋台が出て色々なモノを売っている。

当然の如く、腹を満たすためのモノは色々と物色し、食べ歩いた。

それ以外に、今日は実に面白いものを見つけた。


(ココからは知ってる人以外は分からないだろうが…)
まず、子供がつけていた「悪魔の角」である。

…多分、あの男の子は、「突き3斬り3命中3」が確実に上がっているだろう。
                                   (インクリ成功品かは不明)

その子の隣にいた妹であろう女の子が

背中に装備していたのが「蝶の羽」だった…確実にLv60以上だろう。
                      (どこからどう見ても10歳にも達していないと思うがwww)


他にもある、露店に売っていたモノの中に、「メトラムーンライト」があった。

パパに強請っていたが女の子は、買って貰えなかったようだ…

彼女は、まだLv125には届いていないのだろう。 (ステが足りないだけか?)



そんなモノを見ながら、祭りを楽しんだ… (本当に楽しんだと言えるかは各自の判断でwww)

そして、商店街をパレードが通るので、見に行った。

毎年、色々なグループや団体が、この4日間の為に必死で練習しているのだろう。

見てる俺もパレードに加わりたくなる位、テンションが高く皆が踊っていた。



そのパレードも最後に近づいたとき、踊っている人間の衣装が気になった…

なんと「アフロ」である。 装備していたのは青年と言えるだろう、男女が数十名。

「レインボーアフロ」「スノーアフロ」「Nアフロ」 までも装備していた。


あきゅ氏が布教しなくとも、団体としてアフロを愛用している祭り参加団体があったのだ…

いや、逆に布教がうまくいったのかも知れない…

これは実に微笑ましく思った。 (実は腹を抱えて笑いましたwww)



その後、相方を駅まで送り、バスで帰ってきた…

途中、バスの中で居眠りをしてしまったが、20分後バスを降りて

ココ最近の七夕祭りを思い返していた。



祭りに関して思った事は、今年は何かが違う… 何が違ったんだろう…

そして、気付いた! …かなりTWに侵食されている。 (まぁ、いっかww)



携帯のカメラで、装備の数々を収めたのだが…

さすがは3年前の携帯… 画素数が低く、画質が良くない。

しかも、動いてる人を撮った為、ブレてて何を収めたかったのかが分からない…



結局、ブログにUP出来るモノではなかったため、消してしまった。

あれが綺麗に取れていたら、「TW in 日本三大七夕」となっていたものを…


…も、もう末期だな…… 皆は、夏にいい想い出を!


STAR FESTIVAL…の続きを読む
スポンサーサイト
2008-07-26 Sat 01:33
別窓 | 日記 _((φ(・ω・*) カキカキ… | コメント:5 | トラックバック:0
BARRAGE
7月…そう、始まり…

学生にとっては、夏休みと試験という「アメとムチ」の時


既に夏休みを楽しむ生徒たち…  一夜漬けで目が血走る学部生…

しかし、熱さは喉元過ぎれば何とやら…である。

その後の楽しいときを迎える為に、今は必死なのだろう。 (一部、現実逃避をしているものもいるが…)


そう、この時期はイベントが多く、子供だけでなくとも心が躍る

そんな浮ついたとも言える時期だろう。



この時期、日本三大七夕の1つが地元で開かれる…

仕事帰りに駅が混雑し、動けない状態になることを危惧した俺は

隣の小さい駅から仕事に行く事を考え、今日は少し早めに家を出た。

その時、そこからが不運の始まりだったとは思いもしなかったが…





まず隣の駅に行くまでに、道を間違えたのか、迷った!!

これは早めに出たので、なんとか時間的猶予はあった。

問題は、その後である…



時間を気にしながら、必死で愛機の自転車(ニュータイプ専用機)をかっ飛ばしていたんだが…

裏路地の十字路を通った次の瞬間である…

ドカッ!ガッシャーン!ドスン!

一瞬、何が起こったか分からなかった。

だが、俺の目の前には、ジリジリと熱く焼けたアスファルトが…

身を起こして、周りを見渡してみて、やっと事態が理解できた。



なんと裏路地の細い道から、一端停止を無視したであろう

そこには、1台のセルシオが止まっていた。

「事故ったか…」 その時の思考は、ただそれだけであった。




意外と冷静なんだと自分でも思う…

ふてぶてしいのか、あまりパニックといった状況にならない。

瞬間的な判断能力  咄嗟の状況に対する適応能力

これは、結構高いのだとも考えられる… (これで洞察力を磨けばニュータイプになれるのだろうかww)



当然の反応だろうが、運転手はパニクっていた。(まぁ、人を撥ねたんだから当然だわなww)

運転手が降りてきて、俺の隣で 「大丈夫ですかっ!?どこかお怪我は…」

等と言っていたが… 大した怪我はない、吹っ飛んだときに大地の神に

掌底を見舞った衝撃から、右手が多少痛む程度…


ただ、大丈夫ですかという前に、手を差し伸べて

起こしてくれてもいいのでは?等と思ってしまった。



そのあと、何事もなかったかのように、淡々と相手の免許証を確認し

名前・住所・年齢・電話番号を全て控えて、仕事に向かった。

今日は社員が休みなため、病院に行っている暇がない…

相手には、近いうちに病院で検査して、どんな状態か連絡するという事にした。



仕事先について、いざ仕事をしてみると…多少、右手首が痛い。

手が赤くなって、多少だが血が滲んでいた。

まぁ、そんなモンだから、仕事は簡単に軽い事だけしてれば

さほど問題はなく、大丈夫だという結論に至った訳だが…



時間が経つにつれて、右手首の痛みが如実にあらわれてきた…

仕事を始めてから3時間・・・・・・右手首が完全に動かなくなってしまった。

しかも、かなり腫れている、それでも仕事をしていたため

手首のくびれが分からないくらいになってしまったのだ…



明らかに馬鹿である。 (今更分かった事ではないが…)


あの時、仕事をサボって病院に行っていれば、どうなったものか…

まぁ、過ぎてしまった事は言っても仕方がないので

右手を極力使わないで、仕事を済ませることにした。



休憩にうどんを食べたが、手が動かせず、恐ろしく食べにくい!

丼をかきこむように、うどんを食べ、そして仕事に戻る。

この時点で、右手首は腫れて動かせず、少しでも手首を動かすと

激痛で涙が出るほどだった…


脳内麻薬のドーパミンが大量分泌したせいだろう、失神するほどではなかったが…

とにかく痛い!



仕事を終えた頃には、右腕ごと抱えるようにしていないと

血液の流れですら、痛みを伴うような始末…



泣きを入れようが、詫びを入れようが、この痛みは変わらない。

正直、限界に近かったが、自力で帰ることが不可能ではなかったので

のんびり家路についたのだが、これで不運は終わらなかった。



結局、いつもと違う駅を利用したため、自転車を持って帰らないと

後日から、また困る事になる。


幸い、事故ったといえども、愛機は無事だったため乗って帰ることに…

右手が使えないからと片手運転で、不安定ながらも愛機を転がしながら

スピードを上げず、ゆっくりと走った。



気の緩みが事故を引き起こしたのか…

そんな事を考えながら、暑さと痛みで気がフレそうになりながら走っていると

ガツンッ! …駐車禁止エリアに止めてあった黒い車に激突。



その衝撃と片手運転だった俺は体勢を崩し、コケた。

しかも、咄嗟の事で両手を大地に突いてしまった…

声にならない痛みが全身を駆け巡り、目から火花どころか

メガ粒子砲が出てアスファルトを焦がした。




多分、この出来事で右手首が完全に使えない事は、どう見ても明らかだ。

だが、研究はせねばならん、要塞戦も控えている… 仕事はぁ……どうでもいいやwww



まず、キーボードは左手のみ、マウスは握れず出来る事は

指先で場所を変えてクリックする事だけ…

それでも馬鹿な俺は、こうして誰が読むとも分からない

ヘタレなブログを書き綴っている。


嗚呼、分かっている…  俺は馬鹿だ!




明日、朝一で病院に行こうと思う、だが寝た後が不安だ…

寝返りで押し潰したら、痛みで飛び起きるだろう……怖い



今日は、実に最悪な1日だった。

『災難』という名の焼夷弾雨の集中砲火をうけたようだ…

回避どころの騒ぎじゃない… 威嚇射撃ではなく、全弾命中である。 

これでは、ホップ!ステップ!玉砕!だ。


手首の状態の報告は、また後日致します。

ご心配して戴いた、皆様、誠に申し訳ないです。そして、ありがとう。

皆は夏だからって、浮かれて気を抜いたり、暑さでヤられないでね。



2008-07-24 Thu 23:58
別窓 | 日記 _((φ(・ω・*) カキカキ… | コメント:2 | トラックバック:0
| まふの隠れ家@俺たち三十路連合 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。